操安はキャブで決まる・・・

というのが口癖だった阿部孝夫氏がお亡くなりになりました。

スズキ、カワサキ、ホンダと渡り歩き70年代から80年代半ばにかけ世界で活躍したマシンの開発を担当されていました。
氏の尽力が無ければ80年代のホンダのロードレースでの躍進は無かったことでしょう。

会ったことも喋ったことも無い方ですが氏のおっしゃっていた理論を少しでも思い出しバイクライフを楽しんでいきたいと・・・


早過ぎるし死を惜しむ方々は多いと思います。
ホンダ車のインプレが辛口だったのも古巣への愛だったのではないかな。

b0094687_4391418.jpg






















ご冥福を祈ります・・・安らかにお休みください。
[PR]
by ox-69 | 2007-04-13 00:32 | バイク